本文へスキップ

鹿児島県高等学校教育研究会 工業部会 公式ホームページ

ロボット競技

ロボット競技大会について

全国高等学校ロボット競技大会は,全国産業教育フェアのなかで開催され,開催地である都道府県の特色を生かしたバラエティに富んだ競技内容になっています。

大会の趣旨は,専門高校等の工業に関する学科に在籍する生徒に,ロボット製作をとおして,高度な技術・技能を習得し,ものづくりへの興味関心を高めさせることを目的としています。また,資源の節約やリサイクル製品の使用,更には製作過程におけるエネルギー使用率の軽減など,地球環境に配慮したものづくりを実施すると共に,技術者の倫理を向上できる大会としています。

本県の参加状況は,工業系学科のある高校から18チーム程度が全国大会をめざします。全国大会へ出場するためには,知識やアイディアを生かしながら,正確な加工技術や度重なるロボットの改良と操作練習に励まなければなりません。8月に開催される県大会(全国大会県予選)では,全国大会出場をかけて熱い熱い戦いを繰り広げます。

大会要項

(1) イメージ
 山口県全土を背景に、各地域の産業や観光地に関するアイテムを指定された地域エリアに搬送し、その完成度を得点で競うものである。

(2) 競技概要

 競技時間は3分間。山口県の産業や観光地に関するアイテム6種類、各5個と自作の橋を、指定された地域エリアまたはゾーンに搬送・設置する競技である。
リモコン型ロボットは、資材置場にアイテムを取りに行き、指定された地域エリアに搬送・設置することにより得点する。また、橋置場の橋を錦帯橋ゾーンへ搬送して橋脚に架けることで、自立型ロボットの移動経路を確保する。自立型ロボットは、錦帯橋ゾーンの橋を渡って移動し、壇ノ浦ゾーンの槍を相手側に押し込むことで、該当する地域エリアの得点を2倍にする。



第24回鹿児島県高等学校ロボット競技大会                                    (第26回全国高等学校ロボット競技大会山口大会鹿児島県予選)
 

  日 程:平成30年 8月28日(火)
  会 場:鹿児島県立隼人工業高等学校 体育館


 大会結果はこちら
 

 全国大会
 第28回全国産業教育フェア山口大会(さんフェア山口2018)
(第26回全国高等学校ロボット競技大会山口大会)
 日 程:平成30年10月20日(土)〜10月21日(日)
 
会 場:キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター
 

 H30の全国大会のホームページはこちら










工業部会 事務局工業部会

鹿児島県立鹿児島工業高等学校
〒890-0014
鹿児島市草牟田2-57-1
TEL 099-222-9205
FAX 099-222-9206
Email kogyo@po2.synapse.ne.jp

 

 アクセスカウンター


         2012年3月1日設置