ふるさと薩摩川内 いつか暮らした懐かしいふるさと
薩摩川内は今も変わらないか あの海 あの山 あの川は
ふるさとの今を知りたい
自然の宝庫寄田
HOMEへ 久見崎  << >> 平佐西 位置図
 
轟川森渕  

寄田
 薩摩川内市本土の最西端にあるまち
 地図で見ると川内川南側のちょっと海に突き出た地域です。ここから海の彼方に見える甑島も薩摩川内市です。
 市の中心部からは遠い臨海部ですが、山川にも恵まれ風光明媚で、野鳥、山菜・野花も豊富な自然の宝庫です。

轟川 「森渕」
 
 町のほぼ中央を流れるここ轟川「もりぶち」は、川に堰をして水田の用水に利用されていますが、一方で小中学校にプールがない頃は、自然のプールとなり、子どもたちの水浴びの場所でした。
 写真の中央の岩は自然の飛び込み台。小さいころ、ここで育った人の話によると、水深が深いため「小学校のころはこの高さが5mにも見えた。飛び込むのは勇気のバロメーターだった」と、実際は2mもないくらいだが子供には高く見えたのでしょうね。
 
棚田の風景
 寄田地区は江戸末期のころから昭和初期にかけて長い間新田造りが行われていました。
 山手の水田に水を引くための水路造りも並行して行われ、そのころは水路の傾斜を測量するため夜間に松明を焚いて行ったといわれます。 棚田はこの一帯から山裾まで続いています。
 『鹿の子ゆり』は寄田の野山で見られます。甑島から移住してきた方々が当時食用として持ち込んだものだそうです。
新田といわれる棚田は今年も豊作
鬼ハス
 小比良池に生息する天然記念物「鬼蓮」蓮の葉の表面はトゲ状になっています。5.6年に一回咲くという花を一度見てみたいものです。
蓮の周りの小さな葉っぱは「菱」。黒いひし形をしたトゲ状の実をつけます。
寄田浜
 轟川はこの浜にそそいでおり、満潮時には河口から一本釣りの船が出て行きます。
 隣町の久見崎は「はまぼう」の自生地として有名ですが、轟川河口でも多数の「はまぼう」の自生木を見つけました。

 
土川地区
寄田町最南端、串木野市との境にある土川地区
玉石の美しい海岸です
地域の広場
天狗
 寄田地区から土川地区にかけての海岸線は小さなリアス式海岸になっています。
 海岸の中間地点にある天狗鼻は最も飛び出た部分で南の海側から見ると天狗の鼻みたいに見えるそうです。写真の場所からは、南は薩摩半島の野間岬、北は長島、西には甑島を望めますが、この日はあいにくの曇りで暗い写真になってしまいました。
天狗鼻から南方を望む
北を望む 甑島遠望
天狗鼻の近くまで
県道から車で5分
 さらに歩いて8分 休憩所が 休憩所の下は絶壁  
歴史探訪
寄田の統治者
 寄田小学校の一角にある寄田松之助の顕彰碑
 寄田松之助は室町時代の豪族でこの地に城があり、当時串木野以北の羽島、寄田から阿久根の近辺までの海岸一帯を統治したとの伝承がありますが、文献はないとのこと。

 明治のころ小学校建設地から多数の遺骨が見つかり、南北朝時代に城を中心とする戦で滅びた寄田松之助とその臣下であるとの伝説に基づき建てられたものであるという。
甑島住民移住
 はるか昔、明治時代には甑島で大飢きんがあり、農作物が採れなくなりました。そこで鹿児島県の指導で甑島の多くの住民が県内各地に移住しました。下甑島鹿島地区の方々は、ここ寄田に移住され、上野、池の段地区で農地開拓をされました。
望楼台
 薩摩川内の最西端、東シナ海にの臨む天狗鼻には、明治の末期に海軍の「望楼台が設けられていました。
 日本海軍は、日清戦争の後、敵艦船を監視するため日本の各地に望楼台を築いていました。
 ここ天狗鼻は、海側に飛び出た高台から遠望できる絶好の場所のため、無線通信機を設置し、常時4人体制で敵国の監視と天気の観測などを行っていたようです。
 明治末期の日露戦争では、ロシアのバルチック艦隊がインド洋を経て日本海へ向かうため、この沖を通過するのを監視していました。 日露戦争が終結した、明治38年に役目を終了しています。
絶壁の突端部に屋根を低くして建てられた望楼台
施設入口 海方向の覗き窓 かつては屋根があったのでしょうが