【がん封じ祈祷】革命

神霊光波会「がん封じ祈祷」について


はじめまして、神霊光波会の祈祷師「つかさ」と申します。これからは永いお付き合いになりますのでよろしくお願いいたします。私の理念を現代医療と食事療法と神霊光波エネルギーのお話しいたしたいと思います。神霊光波会を鹿児島ではじめて40年以上にわたって様々な相談者に応じてきました。この期間の相談者に対する思いや理念はまったく変わりません。私が祈祷してきた様々な相談者の多くは「現代医療」に満足されていない,。,又は苦しい抗がん剤のがん治療を避けたいとお考えの方が多いようです。
私が相談をうけた相談者の多くは、「現代医療」に見放された手術適応外,または、できるだけ手術を受けたくない、あるいは苦しい抗がん剤の治療を避け、神霊光波封じ祈祷を受けたいとお考えの方が大半です。そのような相談者と直面相談し、私が自ら開発してきた独自のがん治療のによる免疫祈祷の相談者の数は日々増えています。がん治療の相談では進行がんや転移がんの患者さんは、大学病院や一般的な病院では外科手術または抗がん剤などの薬物療法、もしくは緩和医療が標準とされ、様々な進行度のがん治療がおこなわれています。がん治療の病気を抱えている方が病気を意識することは、そのがん病気を温存させ免疫療法の妨げとなつています。神霊光波は、多くの悩みをお持ちの方に神霊光波エネルギーによる封じ祈祷することで悩みの決め手になります。
神霊光波エネルギーの癌治療方法に対する健康相談は現代医学と菜食を推進し、そして神霊光波の祈祷で健康を取り戻そうとするこの神霊光波祈祷は病気で、お悩みの方には大きな変化をもたらすことになります。転移したがんによる健康相談としての、この祈祷は神霊光波会「つかさ」が初めた、がん治療の手術適応外健康療法です。健康相談者は「がん治療」の神霊光波エネルギーという肉眼では見えないエネルギーを、相談者は身体で感知できます。神霊光波エネルギー療法の効果は、日々の正しいバランスの採れた食事、適度な運動をしているかが良否を決定する最大のポイントになります。私は肝臓がん、乳がん、前立腺がん、膀胱がんなどあらゆる手術適応外者の相談を受けました。手術や抗がん剤を中心として構成されている現在の「標準治療」を否定するものではありません。相談者が自ら持っている免疫力を高める免疫療法に相談者が疑問や抵抗感を持つことなく日々の食生活、適度な運動を行うことが大切なことです。健康相談にきた相談者は乳がんの方が最も多く、前立腺がん、肝臓がん、子宮がん、膀胱がんなどの封じ祈祷が続きます。高精度の現代医療を側面から助け、もっと大勢の健康相談者の方と関わりをもっと長い間の経過を得て診ていけばこの新しい健康療法で、いずれ外科的治療をしなくても良い相談者に接するだろうと思います。進行がん、転移がんの患者さんも大勢、相談におみえになられています。予想以上の結果にとても喜んでおられる方もおられます。つらいだけの抗がん剤よりも神霊光波会の神霊光波エネルギーのほうが身体が楽だったというのが唯一の共通点ではないでしょうか。神霊光波会ホームページでは、健康相談の仲間の病状も様々で、健康内容も様々ですから、結果についてひとくくりのコメントをすることは難しいですが、しかし、一つだけ確かなことがあります。それは、進行がんや転移がんを確実に治す現代医学の方法などないのに、現実には治る人と治らない人にはっきりと分かれるということです。そして健康を回復した人、病気を克服した人は、ほほ全員が現代医療とバランスのとれた食事療法をしながら神霊光波エネルギーによって免疫力を活性化させ、自分の力で病気を克服しているということです。がん治療を克服した、その本質は免疫力としか考えられないのですが、それは免疫力を神霊光波エネルギーによって活性化させ、自分の身体(免疫細胞)の力で、がん細胞と闘う免疫細胞を呼び起こし、ご自分の身体(免疫細胞)を活性化させたということを示しています。がん細胞は誰しもが持っている細胞で、体内でつねに発生する細胞なので、免疫力が弱くなった場合は免疫細胞が癌細胞を見逃してしまうこのことが原因の一因にもなります。このような場合には、免疫細胞が見逃したがん細胞がタンパク質を得て、がん細胞が育ち膨張するということになります。このように一度、膨張してしまったがん細胞は、永遠に膨張をしたまま見逃しまうのでしょうか、もしそうなら、転移がん、進行がん、リンパ節転移になってしまってからのがん治療を克服できる人はいないはずです。しかし、現実には手術適応外がん治療を克服した人と、克服できなかった人がいます。どうしてでしょう。リンパ節転移が多発した人で、がん治療によって病気が完治する人と、同じがん治療を受けても病気が進行してしまう人に分かれます。さらに、がん治療が進みますと、がん治療の完治率はかなり低くはなりますが、それでも完治する人もいます、それはなぜでしょう。臓器転移でステージ四期と診断された方で、その後の免疫療法で完治した人は世の中に数えきれないほど存在しています。そのように、ひとり一人の相談者の免疫力を喚起しアップする確かな方法はあります。あきらめずに病気と向き合い神霊光波会に健康相談し、がん治療を克服した方が大勢いることは間違いがありません。神霊光波がん手術適応外治療の健康回復は、世界のどこにもまだ確立されておりません。よい結果を得るためには、その祈祷師の進化の過程により、より進化した祈祷師によって効果は違ってきます。初期がんの部位そのものに再発することは少なく、肺がん、肝臓がんなども、身体に負担を与えない神霊光波祈祷で、薬物療法を行ないながら、がん病気に悩んでいる方のために、この驚く神霊光波エネルギーで、がん治療を世界に普及させ、医学会やがん治療で悩んでいる人々の一助になれば幸いです。

祈祷師つかさについて

祈祷師「つかさ」は1950年08月01日に鹿児島市で誕生しました。「つかさ」は幼少の頃、黄金の光を浴び、その黄金の光は家の中に津波のように押し寄せ、部屋の中で黄金の光は輝いたあと、宇宙のかなたにもどっていきました。その後、部屋で遊んでいたところ畳の上に古い粗末な位牌が突然、現れ不思議に思った両親がその位牌を食卓の茶箪笥に置いていました。当時、私が覚えていた位牌の漢字は「南無」と「仏」の筆字を今でも覚えています。つぎに現れたのは、30歳ごろ大空に東京タワーの十倍ぐらいの大きさの十字架が(十字架の縁はダイヤモンドで飾られ十字架の端はスペードのかたちで、十字架の内側の中は螺鈿(らでん)でピカピカに輝いていました)この巨大な十字架が覆いかぶさるように大空に顕れました。つぎの神の啓示は、霧島登山の修行中に神の真理の球体が七色に輝き顕れました。
(この神の球体は神霊光波会ホームページに掲載)このような啓示からして、神霊光波エネルギー免疫力を強力にアップし癌を焼き尽くします。
がん治療で、お悩みの方はお電話ください。


#がん#食道がん#腎がん#治す方法#尿官癌#がん治療#前立腺癌#大腸がん#胆道癌#肺がん#副腎ガン#膀胱ガン#卵巣ガン#胃ガン#肺ガン#乳ガン#子宮癌#腎臓ガン#肝臓ガン#治療方法前立腺ガン#悪性腫瘍#手術適応外#末期ガン# 難病#がん治療方法#脳腫瘍#除霊#因果削除#予知能力#霊視#癌治療#知的障害#悪性リンパ腫#悪性腫#瘍がん免疫療法#鹿児島市霧島市姶良市#がん治療神霊光波エネルギーはお払い封じ祈祷健康相談を旨とし医療行為を行うものではない

免疫療法とは

神霊光波エネルギー(がん治療)によろ免疫療法とは、身体の中に侵入した異物を排除するために、私たちが生まれながらに備えている能力です。神霊光波エネルギーは、私たちの身体の免疫を強めることにより、がん細胞を排除する、がん治療方法です。化学療法同様に、全身に効果がおよぶ全身療法のひとつです。これまで一般的に行われてきた薬物、手術療法、放射線療法、化学療法に続く新たな治療法としです。人間の身体の能力によって、発生した癌細胞を排除する働きがあります。神霊光波エネルギーによって、免疫細胞が免疫細胞の白血球のリンパ球ががん細胞を攻撃します。神霊光波エネルギーによる、がん免疫療法はわたしたちの身体に備わっている免疫が癌細胞を異物として排除しようとする免疫力を神霊光波エネルギーによって強めます。それによって癌細胞の増殖を抑えるのが免疫療法です。
がん患者の神霊光波エネルギーの相談が年々増加しています。がん治療免疫療法は現在行われている、薬物療法、化学療法、放射線療法、続き注目、期待されて、神霊光波による、がん免疫療法が、がん発症予防や再発防止
(治す方法がん治療方法)に有効であると考えられます。
がんと診断を受け治療を開始する際、提案されるがん治療法は基本的には「薬物療法」「手術」、「化学療法」、「放射線治療」「がん陽子線治療」であり標準治療です。これまではこれらの、がん治療方法の特徴を活かし、がんの種類や部位、症状に合わせて治療法を選択したり、組み合わせたりしながら、がんの完治や症状の緩和のための治療が行われてきました。近年ではこの治療法を基本とした上で、神霊光波のよる宇宙エネルギーのがん治療方法も確立され始め、選択肢がさらに増えています。中でも第4のがん治療方法として、注目を集めているのが、宇宙エネルギーによる、がん免疫療法です。神霊光波エネルギーによる、がん免疫よるがん治療法、詳しくご紹介します。

免疫ていったいなんだろう?

日常生活を送っている周囲では、常に莫大な細菌やウイルスであふれていますが、それでも多くの人々が病気にならずに済んでいるのは、体内の免疫が24時間働いて侵入してくる異物を破壊してくれているからです。外から入ってくる細菌やウイルスだけでなく、正常だった細胞が変化してがん化してしまった場合も免疫機能が攻撃して、がんを発生させないよう守ってくれています。

免疫は自然免疫と獲得免疫があります。

免疫機構は、大きく自然免疫と獲得免疫に分けられます。自然免疫は人間そのものに先天的に備わっている「自然免疫」と獲得免疫は異物と接触することで後天的な免疫です。この獲得免疫は異物である病原体や毒素などと接触することで適応免疫であります。異物が侵入すると自然免疫が最初の攻撃を仕掛け、免疫細胞の一つが異物を攻撃し獲得免疫にその情報を伝えます。次にその異物が入った時には、異物の情報を得た獲得免疫が異物を排除してくれます。このように免疫は、自然免疫から獲得免疫で私たちを細菌やウイルスから守ってくれています。

免疫細胞の数は減少する。

人間の身体にある免疫はいつも正しく働いて細菌やウイルスから人間を守っているわけではありません。ストレスからくる睡眠不足や、運動不足、偏食などが免疫の働きは悪くします。また、年齢を重ねて30代をピークに免疫細胞の数は減少し続けます。免疫力が落ちてしまうと弱い菌に感染してしまうこともあります。毎日大量に体内で生まれるがん細胞は、自然免疫や獲得免疫が攻撃し、増殖を抑えていますが、加齢や生活習慣の悪化などで免疫細胞の数が減少すると免疫細胞が、がん細胞の増殖を抑えきれずに、やがてがんを発症してしまいます。 がん細胞の増殖を抑え、がんの発症や発症後のさらなる広がりを防ぐためには、浸礼光波の宇宙エネルギーによる免疫細胞の力を活性化させることが有効です。このように免疫効果と、がん治療の発症には深い関係があり、免疫細胞を活性化させ、もともと備わっている自然免疫と獲得免疫を利用してがん治療するのが「
神霊光波エネルギーによるがん免疫療法」です。

神霊光波エネルギーによるがん免疫療法とは?
神霊光波エネルギーによる、がん免疫療法は、人間の身体に備わっている免疫の力を宇宙エネルギーによって強力にして、がん細胞を攻撃することを目的とした療法です。 免疫療法には多くの種類があり、すでに有効性が認められて標準治療として保険適用となっている治療法、有効性を期待されながらも研究開発の過程のため自由診療として行なっているものがあります。がん治療方法は薬物療法やホルモン注射を用いて行われることがスタンダードです。

神霊光波エネルギーによる、がん免疫療法の効果

神霊光波エネルギーによろ免疫療法は、本来人間の身体が持っている免疫力を活かして異物であるがんと闘います。そのため、他の標準治療と比べて効果に即効性があります。神霊光波終了後にも効果が長期間継続することなどが特徴のひとつです。神霊光波エネルギーー免疫療法は、全身に効果がおよびます。

がん免疫療法の副作用

神霊光波エネルギーによる免疫療法で副作用はありません。従来の化学療法に比べて副作用はありません。

癌患者の心理状態

末期がんと言われたときの心の変化とは、がんという言葉は、がん患者さんの心には、まさか自分が癌になったという感覚はありません。しばらく時間たってじわじわと実感がおそってきてきます。このおそってくる実感が大きなストレスとなってきます。主治医からの病名を耳にした後
の数日間は、「まさか自分が、がんのはずがない」「がんの家系でもないのに、本当だろうかと自問自答します。」などと、認めたくない気持ちが強くなるのが人情です。ほとんどの人がそうです。これは恐怖から逃れたいと、言うか自分を守りたいと願う、ごく自然な人間の反応です。 「なぜ、自分だけが真面目に生きて来たのに、どうしてこんなになるのだろうか」「人生これからというときに歯がゆい思いにかられます」などと、悩み恐怖におそわれます。「食生活が偏っていたのが悪かったのではないか」「仕事のストレスでがんを引き起こしたのではないか」などと、自問自答し自分を責めてしまいす。 しばらくの間は、他の病院をあたったり自分でがんの症状を調べたりする状態が続き、恐怖と隣あわせの日々です。死の恐怖におそわれる夜眠れなかったり、夜中に突然目がさめたりします。集中力が低下し思考が散漫となる人も少なくありません。今まで経験したことのないような、不安や脱望感や諦めの状態におちいってしまうものです。がんと言われたら人間だれしも不安で落ち込むのは自然なことです。がん治療が始まる前、治療中、がん治療が終わった後など、時期を 問わず不安を感じ主治医や看護師に問いただし、気持ち落ち着かせるたためにします。気持ちが不安定になったり、落ち込んだり、不安や落ち込みは、ある程度は通常の反応です。

がん患者さんが経験する心の状態

死の恐怖とても強いエネルギーです。人はいずれも訪れるであろう死の恐怖は頭の片隅においやって自分とは関係ないと思うようにしていますが、いずれ訪れる死に直面すると誰でも不安と恐怖です。がん患者さんが経験する心の状態の代表的なものです。が、「不安」と「落胆」「絶望」です。これらは死に直面した人間の反応です。それがあっ たからといって、直ちにがん治療が必要とする患者さんがすべていうわけではありませんが。主治医の判断のよって何らかの対策を考えるこ となります。

がんによるストレス

がんを告知体験すると、あらゆる種類のストレスを経験します。これらのストレスに対するがん治療患者の心の反応の過程とし て、ショック、驚き、混乱、不安、絶望、そしてがん治療に専念する新たな生活への出発となります。まず、当然のことですが、誰でもがんといわれると強い絶望と不安を受けます。「癌と告げられたとき何のことかと思った」という患者さんもいます。また「がんである事を率直に受け止めよう」と言う気持ちや、「どうせ何をやっても 無駄だ」という絶望が強まることもあります。これが最初の混乱の時期です。 その後、今後についての漠然とした不安や、家族のことを考え、気持ちの落ち込み、夜ぐっすり眠れないなどの症状があらわれ、一時的に失意茫然となります。また、「どうして自分だけががんなのか」と感じます。さらに、周囲の人のがん患者との「疎外感」や「孤立感」を感じます。これが不安や落ち込みなどの心の苦痛と、それに睡眠障害などの症状があらわ一人で悩み考え事をします。 やがて、人間が本能が芽生え、がん治療病気を乗り越えようとする心の変化がおきます。つらい状況にありながらも、次第に落ち着いて現実的な適応しようとする 考えになります。インターネットなどを使ってがんについて調べたり、 がん治療に取り組むようになります。同時に仕事の段どりを考えたり、家庭での自分役割をはたそうとしたりといった現実的な処理を始めます。その患者さんにもよりますが通常は2週間程度で、このような再適応の時期を迎えることができるようになります。 そして適応していく心の動きをとらえる時がたつにつれて、「何とかがん治療を受けて家族のために頑張ろう」「これからの人生やるべきするべきことを考えよ う」など、前向きな気持ちになっていきます。 しかし、人によっては、ひどく落ち込んで何も手に付かないような状態や、日常生活に支障が続くようであれば、う つ状態かもしれません。こうした状態は、人生において大きな出来事であり誰でもなる可能性のある心の状態であり、そのような場合は専門的ながん治療が手助けになります.。

適応障害

がんである現実を前にして、精神的落ち込みが強いために日常生活にも動悸による支障をきたす。不安が恐怖に変わり寝つきが
悪く、夜中に目覚め下着が汗で濡れたり、癌病気のため死の
恐怖で仕事が手につかなかったりします。人に会うのが億劫にんなります。

うつ状態

精神的苦痛が強く、動揺と不安で落ち着かなく、身の置きどころの悩みます。このように何も手につかない落ち込みの状態が続き、日常の生活を送るのが困難の状態です。人間の感情を司る前頭葉の機能が敏感に加熱し、うつ状態になり過労を引き起こします。不眠、食欲不振といった症状もおこります。「もうこの世とおさばしたい」などと、思うようになります。

せん妄

がん治療にとりつかれた患者さんがよく経験します。このような場合は精神病の専門家の対応が必要となります。このような精神状態を「せん妄」と言います。「せん妄」は身体的な異常や薬物によって引き起こされる急性の脳機能不全であり、実際にないものが見えたり
聞こえたりする幻覚がおこり、周囲の状況がのみこめない、戸締りを忘れたり、電気やガスを消すのを忘れたり、するので家族の心配がつきません。このようなことは認知症とにていますが、大手術や新薬を使った後、身体に大きな刺激状態の変化のときなどにみられます。このようなことは一時的な症状ですので、不安に思われる方は主治医に相談されることをお勧めします。



癌手術適応外 相談者の声(ご本人の希望により匿名とさせていただいております)


はじめまして、◯◯と申します。よろしくお願い致します。44歳の息子が脳腫瘍で3回、平成12年以降脳腫瘍を発症して3回目は10日前から入院中です。今後はどうなっていくのか心配でなりません。わたしも78歳で終活でありますが、まだ子供との時間が欲しい思いです。36年前に離婚しまして前夫の援助もなく一生懸命に働いてもギリギリの生活でしたが、追い打ちをかけるように子供が大変な病気ばかりした、なんで、我が子だけがと思うと可哀そうでなりません。気力だけで過ごしてまいりましたが、ときどきもう限界と思う時もあります。どうか、すこしの光でも見えますように願っております。よろしくお願いいたします


はじめまして、東京都○○区の○○です。母の病気のことで相談です。東京まで大至急、出張をお願いしたいのですが、62歳になる母のことです。今年の6月ぐらいから体のぐわいが悪くなり病院で診察してもらたところ肺の後ろに癌が見つかりました。病名は右下葉肺腺がん末期です。主治医によると手術は無理だということでしたが、母を助けたい一心で他の病院の診察をうけましたが、3病院の先生とも同じ診察結果がでました。大阪に専門の先生がいらっしゃるとのことでしたが、3病院の先生がおっしゃることは同じで、そこの手術は無理で専門の先生もお断りになるでしようとのことでした。母は現在は抗がん剤を服用して癌治療しておりますが、身体は痩せ衰え、顔色は悪く元気がありません。そこで、お願いです、つかさ先生の神霊光波の手術適応外がん治療に良い効果をあらわすとのこと、一刻をあらそう状態ですので東京まで出張していただけないでしようか。がん治療封じ祈祷お願いします。



よろしくお願いいたします。つかさ先生のお名前はかねがねお伺いいyったしておりました。泌尿器科で前立腺癌の告知を受けまして手術は拒否し陽子線治療をうけました。結果は前立腺癌は完治しましたが、定期健診で肝臓に五百円玉大の腫瘍が見つかりました。リンパ腫転移だと思われますので、全身に癌細胞が広がる可能性がありますので「もうだめかもしれない」と思う気持ちがわたしを押しつぶすようです。数日たち落ち着いて、つかさ先生の手術適応外がん治療ことを思い出しまして、先生をたずねまして、経緯をお話し、神霊光波祈祷を患部と身体全体に入れて頂きましたところ肝臓がんは消えていました。


先日、トイレに小便にいったのですが、尿が真っ赤な色で思わず大声で悲鳴をだしてしましました。慌てて病院にいき診察を受けましたところ子宮がんとの診断でした。尿道にガーゼを詰める処置をうけ処方せんをいただいたのですが、主治医によろとステージ4との診断でした。がんがリンパから身体全体に腫瘍があるそうで、わたしの身体に首の左側に卵大のがん細胞があらわれました。病院での放射線療法も効果がなく、主治医によると、とにかく子宮がんの手術をしようとのことでしたが、わたしはお腹を切ることには絶対に反対でおなかを切るなら死んでもいい覚悟でした。娘が神霊光波会の「つかさ先生」しっているとのことで紹介していただきました。つかさ先生の神霊光波エネルギーのお払い
がん治療を受けましたところ今まで経験とのない爽快感におどろきました。その日のうちに血尿は止まり首のしこり(頸がん)も小さくなっていきました。世の中にはすごい人がいるものだなと驚き感動しました。つかさ先生曰く病院には必ず行くように、そして主治医の診察日を必ず守ってくださいとのことで、その後の定期検診は血液検査の結果のPSAの数値は驚異的に下がり半年後には処方薬を飲まなくてもよいとのことになりました。その後は寛解になりました。つかさ先生ありがとうございました。


よろしくお願いします。つかさ先生に神霊光波をお願いしたくてメールをしました、○○市の○○と申します。私は59歳の主婦で、夫は60歳で子供は独立してそれぞれ家庭をもっています。夫は小便の出が悪く難儀しておりましたので泌尿器科を受診しましたころ前立腺がんの診断をうけました。前立腺がんのがん治療は外科的手術うけないで、がん陽子線治療を受けることにしました。先生の説明ではがん治療後の局部発生、性機能障害、尿漏れの副作用はないとのことでしたのでがん陽子線によるがん治療を受診することにしました。治療費は保険適応ができますので、昔とくらべてら、ずいぶん格安で治すことがで前立腺癌完治いたしました。その後の定期検査で肝臓に五百円玉ぐらいの癌発見せれました。主治医によるとリンパ腫転移であろうとの判断でした。夫の衝撃と落胆が大きく他にも転移していないだろうか心配で夜も眠れないそうでした。夫は病気が悪化して気弱になっているみたいで、外科的手術は拒否していましたので、友人からの紹介で神霊光波のつかさ先生のがん治療紹介していただいて、お願いましたところ神霊光波祈祷エネルギーによってきれいになくなっていました


先日、お電話した◯◯です。わたしの妻が子宮癌で手術適応外の診断結果をうけまして夫婦して絶望の淵にいました。友人の紹介で神霊光波会をしりました。半信半疑で、信じてはいませんでしたが、ことのなりゆきから躊躇しているばあいだはありませんでしたので、つかさ先生にお電話をして、事の成り行きを説明しましたが、私たち夫婦には金銭的余裕がないことももうしあげましたところ「まづ、命が第一ですので来てください」とのことでしたので、お話をさせて頂きました。先生には私たちの話を真剣に聞いていただき、すぐに神霊光波エネルギーがん治療を行ないましたところ妻が身体が楽になった。凄い人がいるものだと驚きと、その後、先生にお世話になり快復から現在は完治です。


担当医から膀胱がんの疑いがありますので、市立病院で再検査をするようにとのことでした。わたしは高齢者ですので手術に耐えられないだろうとのことです。わたしの悩みもですが妻の落胆は見るに堪えがたいものです。わたしたち夫婦は高齢者で年金生活者すので先生なんとか助けてくださいとお願したところ、わたしたちの希望をそのまま受け入れて頂きました。ありがとうございます。


お願いします。月経の血量が異常に多いので子宮の病気か、子宮頸がんではないかと心配になりました。子宮がんの疑いもちました。子宮癌の原因は多くは性交のよって細菌感染するそうで、最近はさらさらしたおりものが多く出て少し心配です。彼氏はとても心配してくれて必ずコンドームを使用して必ずチェックしています。細菌感染による子がんでしたら可能性は低いです。このようなことで彼がどうしても早めに病院で診察を受けるようにすすめましたので、診断の結果は子宮癌ではなく過多月経と診断されました。私の場合月経の血量が多かったのですが、子宮癌ではありませんでした。器質性の疾患を原因とするものとしては、子宮筋腫によるものが多く、ほかに子宮内膜過形成、子宮内膜ポリープ、ほかに子宮内膜縁炎子宮内避妊リングなどの子宮内異物hがあります。また、血小板減少や全身性疾患に伴う出血傾向なども原因となります。エストロゲン産制過剰による子宮内膜の異常増殖や自律神経の失調ま過多月経を起こします。過多月経が続くと貧血になることがあり貧血の治療が必要となります。器質的な疾患に対しては、手術やホルモン療法が、ほかの原因によるものには、ホルモン療法がおこなわれます。


私は平成14年に腎炎になり、薬を飲みながら仕事をしていたのですが、平成24年ごろに仕事で大阪に行かなければならないことになり、生コン車の運転手をしていました。会社の寄宿舎で寝ているときに、金縛りにあいましたので、祈祷師に診てもらった。それで金縛りは治りました。祈祷師から神様の水晶玉を譲ってもらいましたが、そのころから腎臓がわるくなり、大阪で緊急入院し人工透析をしないといけなくなり、その後は自宅療養をし、地元の総合病院に入院し人工透析しなければならない身体になりました。このような身体になった原因を自分なりに考えましたが思い当たることはなく、あるとしたら祈祷師から勧められた水晶玉を大阪を去る時にゴミとして捨てたことぐらいしか思い浮かばないのですが、まさか水晶玉をを捨てたことと腎臓が悪くなった因果関係があるとは思いませんが、今、現在、腎臓の病状はかなり悪化し手術適応外で腎臓移植をしなけらばならない、腎臓移植の順番待ちの状態です。腎臓移植の希望者はかなり多く私の順番がくるまでに私の身体(腎臓)はもちそうにありません。つかさ先生しか頼るところがありませんので、がん治療方法で助けてください。おねがいします。  早々


つかさ先生、お久しぶりです。いま主人の仕事の都合で佐賀県に住んでいます。鹿児島にいる時、先生にはいろいろとお世話になりました。先生にお会いしてから、もう12年になります。12年目前、息子の病気のことで途方にくれていたとき先生の噂を知人から知り、藁おも掴む思いで先生のもとにおじゃまして、神霊光波で息子の命を助けていただきありがとうございました。あの時、私の子供は大学病院に通院して、担当の主治医から貴方の息子さんの命はあと4年が精いっぱいでしょうと言われました。あの時の感謝の気持ちは一生涯、わたしたち家族は忘れることできません。今日は前回のお礼と、また先生に助けていただきたくて連絡させていただきました。先日、右乳にしこりがありましたので不安に思い病院で血液検査と乳癌検査をお願いしたところわたしの予感どうり最悪、乳癌と言う検査結果がでました。覚悟していたとはいえ、そのときの私の頭は真っ白になりました。再診の結果は最悪、私の右乳は手術でしか助かる方法はないそうです。手術後もがんの転移の恐れがあるため定期検診を受けなければなりません。どうか先生の神霊光波エネルギーのがん治療で助けてください。


わたしは血友病で出血したら血液が止まらない病気です。しかし、難儀なことに前立腺がんになってしまいまして、病院に入院していましたて、一日に二十六錠の薬を飲んいました。薬だけでお腹が腹一杯になるぐらいです。手術をするには薬で血液の出血を押さえなけれはなりません。手術中に出血が止まらなかったらどうしょうと日々不安にかられます。わたしは難儀な身体に持ったものだと悩んでおりました。インターネットで神霊光波会を知り「つかさ先生のお話しをお聞きし納得しましたので、一度経験してみようとの思いで神霊光波エネルギーを受けましたいと思います。


どううればいいのでしようか。よろしくお願いします。婦人病のがん治療方法についてです。生理に異変があるのに気づいたのは5ヶ月前あたりぐらいからです。生理の初日、床に伏していたときにひどい腹痛になり、その後には激痛と吐き気に襲われました。こんなにひどい生理痛ははじめてでした。あまりの痛さに床から起き上がることもできませんでした。しばらく横になっていれば良くなるだろうと思っていましたが良くなるどころか症状はひどくなるばかり意識がとうのいてしまう前に救急車を呼ぶつもりでいました。しかし、ただの生理痛だったら救急隊員に申し訳ないとの思いで、薬を服用しそれでも激痛が続くようだったら救急車をお願いしようと薬を服用しました。しばらく横になっていたら激痛が弱まりいつもの整理痛にもどり一安心しました。しかし、あの激痛はなんだったのだろうと思いました。それ以来、生理が遅れるようになりました。そして不正出血の思われる茶色のおりものが時々みられます。2年ぐらい前から生理の初日には激痛、吐き気がともなうようになりました。ここ数ヶ月は生理中以外でも腰痛がひどいのです。自分なりに腰痛の原因を考えてみましたも元来、腰痛もちではありませんし、アルバイトでマクドナルドで立ちっ放しの仕事をしているのでそのせいかなともおもっいています。以前とくらべるとトイレにいく回数が増えました。このことは季節が寒くなったせいか?仕事で緊張しているせいかな?とも思っています。性行為ははっきりとは憶えてはいませんが、ここ3ヶ月ぐらいはありません。ここしばらくは一度もなかったことはたしかです。病院で診てもらえればすぐにわかるのですが、婦人科にいくのは恥ずかしい気持ちがあります。

神霊光波エネルギーで、がん治療革命健康相談最先端 鹿児島市霧島市姶良市祈祷師 奄美市 曽於市 垂水市 枕崎市 南九州市 がん研究センター南薩摩市 日置市 癌を治す方法 阿久根市 姶良市 都城市いちき串木野市 指宿市 鹿児島市 鹿屋市 霧島市 薩摩川内市 志布志市 西之表市 枕崎市 南九州市 出水市 串間市 小林市 日南市 延岡市 日光市 都城市 宮崎市 大分市 阿蘇市 天草市 熊本市 人吉市 水俣市 八代市 雲仙市 佐世保市 長崎市 島原市 北九州市 久留米市 福岡市 沖縄市 神霊光波会ホームページ那覇市 がん治療高知市 土佐市 徳島市 山口市 鳥取市 倉敷市 尼崎市 鎌倉市 横須賀市 東京 久留米市 新潟市 山形市 仙台市 秋田市 函館 市 根室市 淡路市 天理市 奈良市 堺市 加賀市 金沢市 千葉市名古屋市 熱海市 熊谷市 越谷市 さいたま市 蕨市 千葉市 鎌倉市 小樽市 旭川市 札幌市 千葉市 東京 横須賀市 加賀市 金沢市 北広島市 川崎市 鈴鹿市 四日市 富山市 釧路市 帯広市 手術適応外がん治療神霊光波エネルギー 

がん治療革命 ヒマラヤ密教精神病理学祈祷師

がん封じ祈祷 手術適応外 神霊光波エネルギー祈祷師 予知 霊視 想念 因果削除

がん不治祈祷

神霊光波エネルギー祈祷料金は1回目から5回目までは1回につき3万円以後、6回目からは1万円です。
5回目を経過した方は毎週土曜日10時~10時20分まで、料金三千円で想念療法を行っていますので
,ぜひ,、お越しください。神霊光波会ホームページ

幼少のころ黄金の光を浴び超能力を発揮、超能力少年と呼ばれ世間の脚光をあびる。その後、修行を積み悩みや難病に苦しむ人々の相談をうけております鹿児島市神霊光波会

神が光り輝く球体で神霊光波を「つかさ」に頸現した。がん治療健康相談 鹿児島市 登山修行中2020年07月15日

全国各地から予約電話が殺到しております。なにしろ私も一人の生身の人間、限界があります。出張のさい多少なり予約の変更が生じる場合があります。

(問い合わせ)

全国の皆さんお電話ください。私のところに来てください。人生は治る希望でいっぱいである。

                  

神の光り輝く球体が顕れる

幼少のころ黄金の光を浴びる

出張ご希望の方へ

神霊光波会

想念療法とは─

手術適応外の癌を神霊光波エネルギーでガンを撃退。あなたを助けることができる。
まかせてください。自信あり。

日本各地か予約電話が殺到しています。出張のさい多少なり予約の変更が生じる場合があります。その際はご了承ください。がん治療革命鹿児島市祈祷師神霊光波会ホームページ

● 昨年は5684件の電話の相談がありました。

除霊 悪霊 お払い #鹿児島市#霧島市#がん治療#肝臓がん 甲状腺がん 後腹部腫瘍 骨転移転がん 食道がん 腎がん 腎孟尿官癌 膵臓癌前 立腺癌 大腸がん がんを治す がん治す方法 肺がん 副腎がん 膀胱がん 卵巣がん 胃がん 乳がん 子宮癌 腎臓がん 肝臓がん 前立腺がん 悪性腫瘍 手術適応外 末期がん 難病 がん治療方法 脳腫瘍 がん治療方法 除霊 因果削除 予知能力 霊視 不治の病 知的障害 悪性リンパ腫 悪性腫瘍 がん免疫療法#姶良市 がん治療 神霊光波会はお払い封じ祈祷健康相談を旨とし医療行為を行うものではない現代医療と食事療法と神霊光波エネルギー ヒマラヤ密教精神病理学すべての健康相談にお答えできます。#鹿児島市#霧島市#福岡市

神霊光波エネルギーで癌を撃退(1回~5回)

(ご本人の希望により匿名とさせていただいております

祈祷師つかさ先生を訪ねる前の私の画像診断報告書です。全身に癌の転移(赤い矢印)が見られる。ステージ4の状態からの神霊光波を受けてから六ヶ月後には転移部位(赤い矢印)の影はすべて無くなって綺麗になっていました。

詳しく知りたい方はここを検索
末期癌#手術適応外#霧島市#鹿児島市#福岡市#封じ祈祷
除霊 お払い 霊視 予知霊視相談 

脳腫瘍・特定疾患

深刻な症状でお悩みの方

がん治療 祈祷師 つかさ

現代医学を超越した神霊光波エネルギー

(0995)47-5154

現代医療食事療法と神霊光波エネルギー

神霊光波エネルギーは治療効果を高める!

癌病気で余命宣告を受けた70歳男性です。私は夜間の頻尿に悩まされ、夜中の数回のトイレは、尿に勢いがなく、尿の量もわずかしか出ず、残尿感と、睡眠不足で身体のだるさに悩まされていましたので、近所の診療所で、前立腺肥大の薬(シロドシロン4mg)を半年間ぐらい服用していましたが、なかなか治療方法に改善がみられませんでしたので、専門の泌尿器科病院で血液検査(高感度PSA)とエコー検査をしてもらいましたところ、結果は前立腺肥大症と診断され手術を必要とするとの診断でした。しかし問題は血液検査(高感度PSA)の結果です。高感度PSAの基準値(正常)は4.000以下なのですが、私の場合は一回目は20.8652ng/mLで基準値の4倍以上でした。担当医によると、この数値は明らかに癌が全身に転移しているとのことでした。担当医は、まずは前立腺肥大症の手術を行い、手術後にがん治療の対処方法を考えましょうとのことでした。前立腺肥大症の手術は無事に終わりましたが、前立腺の組織細胞を確認した担当医よると、私の前立腺癌はそうとうに進んでいるとのことでした。後日の生科学研究所の細胞検査の結果でも、やはり前立腺がんとの報告でした。ほかにCT画像のRI(骨検査)の診断結果もがんは全身に転移していました。画像診断によると、「リンパ節、外腸骨節、総腸骨折などの多く描出・腫大を認め転移の可能性あり」との診断がくだされ、RIの診断結果はステージ四とのことで全身にがんの転移がみられ末期がんで生存率は厳しいとのことでした。がん治療は、リュ-プロレイン酢酸塩(ホルモン注射)とビカルタミドOD錠療法を行うことでした。家族で葬式の話までしていたそうですが、私はネットで神霊光波会の「がん治療」にたどりつきました。つかさ先生の神霊光波エネルギーで治す方法で、わずか数日で免疫力がつき食欲も改善し、初回の検査結果報告書の血液検査では全身にがんが転移している状態でしたが、ひと月後の検査結果報告書の血液検査では高感度PSA(0.051ng/mL)は正常の値にもどり、尿検査の膀胱も正常にもどっていました。担当医によると「PSAはものすごく下がている。膀胱も綺麗だ。こんな人はいないぞ、めずらしい」と驚いていました。三回目の値(0.019ng/mL)、四回目は(0.008)も下がりました。現代医療と食事療法と神霊光波エネルギーのおかげで前立腺癌は完治し前立腺摘出は回避できました。その後のRI(画像診断)検査でも、骨転移部位の癌や全身に転移していたがんやリンパ腫転移もなく寛解から完治となりました。神霊光波会の〈がん治療〉はがん治療で苦しんでいる方にがん治療の良報となることでしよう。

,前立腺癌、寛解体験談

知的障害 発達障害 自閉症

遠方にいる方に対して神霊光波エネルギーを送る方法を想念療法といいます。免疫療法封じ祈祷 がん治療健康相談

癌専門 手術適応外

 

 

3

鹿児島県霧島市国分福島一丁目4番34号 

封じ祈祷

絶望と不安から、希望と安心と喜びに!

 

神霊光波料金 3万円 直面相談 1万円 電話相談 5千円