伝統を新しい形で!
株式会社とどろきホーム
正信念仏偈・意訳



【正信偈・意訳】
帰命無量寿如来(きみょうむりょうじゅにょらい) かぎりなき「いのち」の如来に帰依(きえ)し
南無不可思議光なむふかしぎこう かぎりなき「ひかり」の如来に南無したてまつります
法蔵菩薩因位時ほうぞうぼさついんにじ (阿弥陀如来が)法蔵菩薩と名のられていたとき
在世自在王仏所ざいせじざいおうぶつしょ 師の世自在王仏(せじざいおうぶつ)のみもと(所)にあらわれて
覩見諸仏浄土因とけんしょぶつじょうどいん 諸仏の浄土の建立のいわれや、そこにどうしたら往生できるか、
国土人天之善悪こくどにんでんしぜんまく また、その国土のありさまと、そこに往生している人々の善悪を観察され
建立無上殊勝願こんりゅうむじょうしゅしょう がん このうえもないすぐれた願(十八願)をおたてになり
超発希有大弘誓ちょうほつけうだいぐせい いまだかつてなかったすぐれて大きい誓いをおたてになり
五劫思惟之摂受ごこうしゆいししょうじゅ そして五刧(ごこう)という長い時間、思惟(しゆい)を重ねておさめとり
重誓名声聞十方じゅうせいみょうしょうもんじっぽう かさねて名号(名声)を十方に聞かせて救う、と誓われました
普放無量無辺光ふほうむりょうむへんこう (阿弥陀如来の)あまねく放たれる「量りない光」「辺(はし)なき光」
無碍無対光炎王むげむたいこうえんのう 「何ものにも碍げられない光」「対(ならび)なき光」「もっともさかんな光」
清浄歓喜智慧光しょうじょうかんぎちえこう 「清浄(しょうじょう)な光」「歓喜(かんぎ)の光」「智慧(ちえ)の光」
不断難思無称光ふだんなんじむしょうこう 「断えることのない光」「思いはかり難い光」「称(とな)えつくせぬ光」
超日月光照塵刹ちょうにちがっこうしょうじんせつ 「太陽や月を超えた光」を放ち、数え切れない世界を照らし
一切群生蒙光照いっさいぐんじょうむこうしょう すべてのいのちあるものが、この光明(こうみょう)に照らされている
本願名号正定業ほんがんみょうごうしょうじょうごう 本願の名号は、正しく浄土往生が決定する業因(ごういん)ですから
至心信楽願為因ししんしんぎょうがんにいん お名号をいただく信心(しんじん)によって、私は救われるのです
成等覚証大涅槃じょうとうがくしょうだいねはん この世で仏になるべき身に定まり、お浄土で覚(さと)りをひらくのは
必至滅度願成就ひっしめつどがんじょうじゅ かならず成仏(じょうぶつ)させるという、仏の願いが完成したからです
如来所以興出世にょらいしょいこうしゅっせ 釈迦如来(しゃかにょらい)が、この世にお出ましになったのは
唯説弥陀本願海ゆいせつみだほんがんかい ただ阿弥陀如来の本願(第十八願)をお説きになるためで
五濁悪時群生海ごじょくあくじぐんじょうかい 五濁悪時(ごじょくあくじ)の世にある一切の人々は
応信如来如実言おうしんにょらいにょじつごん 釈迦如来(しゃかにょらい)の真実のお言葉を信じるべきである
能発一念喜愛心のうほついちねんきあいしん ふたごころなく(一念)本願を信じよろこぶ(喜愛心)なら
不断煩悩得涅槃ふだんぼんのうとくねはん 煩悩(ぼんのう)を断たないままで、涅槃(ねはん)を得ることができる
凡聖逆謗斉回入ぼんじょうぎゃくほうさいえにゅう 凡夫(ぼんぷ)も聖者も極悪の人も、自力心を捨てて信心の道に入れば
如衆水入海一味にょしゅしいにゅうかいいちみ 川の水が海に入って一味(いちみ)になるがごとく、平等に救われる
摂取心光常照護せっしゅしんこうじょうしょうご 阿弥陀如来の摂取の光明は、常に私を照らし護(まも)って下さる
已能雖破無明闇いのうすいはむみょうあん 仏さまを疑わなくなり(無明闇を破す)救われた身になっても
貪愛瞋憎之雲霧とんないしんぞうしうんむ むさぼり(貧愛:とんない)や瞋(いか)り憎しみの心は、雲や霧のように
常覆真実信心天じょうふしんじつしんでんてん 常に如来からたまわる真実の信心の上におおいかぶさっている
譬如日光覆雲霧ひにょにっこうふうんむ たとえば、日光は雲や霧に覆(おお)われていたとしても
雲霧之下明無闇うんむしげみょうむあん 雲や霧の下は明るくて闇がないが如(ごと)し :救われるということ
獲信見敬大慶喜ぎゃくしんけんきょうだいきょうき 信心をいただいて仏さまを敬い、大いに喜ぶ(慶喜:きょうき)なら
即横超截五悪趣そくおうちょうぜつごあくしゅ 五悪趣といわれる迷いの世界を即座に飛び越え
一切善悪凡夫人いっさいぜんまくぼんぶじん 世間で善人だ、悪人だといわれる一切の人々は
聞信如来弘誓願もんしんにょらいぐぜいがん 阿弥陀如来の本願(弘誓願:ぐぜいがん=第十八願)を聞いて信ずれば
仏言広大勝解者ぶつごんこうだいしょうげしゃ お釈迦様は、広大な智慧を得た者(広大勝解者)とほめたたえ
是人名分陀利華ぜにんみょうふんだりけ この念仏の信心の人を泥沼に美しく咲く白蓮華だとたたえられる
弥陀仏本願念仏みだぶつほんがんねんぶつ 阿弥陀仏の本願による念仏の法(教え)は
邪見僑慢悪衆生じゃけんきょうまんなくしゅじょう 誤ったよこしまな考えをもち、おごりたかぶる人々には
信楽受持甚以難しんぎょうじゅじじんになん 信じること(信楽受持:しんぎょうじゅじ)は、はなはだむずかしい
難中之難無過斯なんちゅうしなんむかし 難の中の難で、これ以上に過ぎるむずかしいことはない(無過斯:むかし

印度西天之論家いんどさいてんしろんげ インドに出られた論家(龍樹・天親菩薩:りゅうじゅ・てんじんぼさつ)がた
中夏日域之高僧ちゅうかじちいきしこうそう 中国、日本の高層(曇鸞・道綽・善導・源信・源空)がたは
顕大聖興世正意けんだいしょうこうせしょうい お釈迦様(大聖)がこの世に出られた本意(正意)をあらわし
明如来本誓応機みょうにょらいほんぜいおうき 阿弥陀如来の本願(本誓)は末世の私のためのものだと明らかにされた
釈迦如来楞伽山しゃかにょらいりょうがせん お釈迦さまは、インドの楞伽山(りょうがせん)において
為衆告命南天竺いしゅごうみょうなんてんじく 多くの人々のために告げられた。それは南インド(南天竺:なんてんじく)に
龍樹大士出於世りゅうじゅだいじしゅっとせ 龍樹菩薩(大士:だいじ)というおかたが世にでられて
悉能摧破有無見しつのうざいはうむけん 「有無の見」をことごとくうちやぶり(摧破:ざいは)
宣説大乗無上法せんぜつだいじょうむじょうほう 大乗のこのうえもない教え(法)を説きのべ(宣説:せんぜつ)
証歓喜地生安楽しょうかんぎじしょうあんらく 歓喜地(かんぎじ)をさとり安楽(浄土)に往生するだろう、と
顕示難行陸路苦けんじなんぎょうろくろく 難行の陸路をすすむのは苦しいとあらわされた龍樹菩薩は
信楽易行水道楽しんぎょういぎょうしいどうらく 易行の船の旅(易行の水道=信心)の楽しきことをすすめられ
憶念弥陀仏本願おくねんみだぶつほんがん 阿弥陀仏の本願(第十八願)を信(憶念:おくねん)ずれば
自然即時入必定じねんそくじにゅうひつじょう 信心をいただくと同時に、必ず仏になることが決定(けつじょう)した位に入る
唯能常称如来号ゆいのうじょうしょうにょらいごう だから、ただよく常に阿弥陀如来の名号を称えて(常称如来号)
応報大悲弘誓恩おうほうだいひぐぜいおん すべての人々を救って下さる大悲(だいひ)の恩を報ぜよと述べられた
天親菩薩造論説てんじんぼさつぞうろんせつ 天親菩薩(てんじんぼさつ)は『浄土論』をつくって説かれた
帰命無碍光如来きみょうむげこうにょらい 何ものにもさまたげられることなく救って下さる如来を信じて
依修多羅顕真実えしゅたらけんしんじつ 経典(修多羅:しゅたら)に依りて真実をあらわして
光闡横超大誓願こうせんおうちょうだいせいがん すみやかに仏になる法(横超大誓願=第十八願)を広く説かれた
広由本願力回向こうゆほんがんりきえこう 広大な阿弥陀如来の第十八願の力(本願力)のはたらきによって
為度群生彰一心いどぐんじょうしょういっしん 衆生(群生:ぐんじょう)を救う(度す)ため一心をあきらかにされた
帰入功徳大宝海きにゅうくどくだいほうかい 大きな功徳の宝海(名号:みょうごう)に帰依投入(帰入=信ずる)すれば
必獲入大会衆数ひつぎゃくにゅうだいえしゅしゅ 必ずお浄土の聖衆(大会衆数:だいえしゅしゅ)の仲間に入り
得至蓮華蔵世界とくしれんげぞうせかい 命終(みょうじゅう)とともに阿弥陀如来のお浄土(蓮華蔵世界)に生まれて
即証真如法性身そくしょうしんにょほっしょうじん お浄土でただちに阿弥陀如来とおなじ仏(真如法性身)となり
遊煩悩林現神通ゆうぼんのうりんげんじんずう 煩悩のさかんな世界に遊んで不思議な力(神通力)をあらわし
入生死園示応化にゅうじょうじおんじおうげ 迷いの世界(生死薗)にかえって衆生を救うことができると示された
本師曇鸞梁天子ほんじどんらんりょうてんし 本宗の祖師・曇鸞(どんらん)大師は、中国・梁の国王が尊敬し、国王は
常向鸞処菩薩礼じょうこうらんしょぼさつらい 常に大師のおられた北の方向に向かい「曇鸞菩薩」と礼拝(らいはい)された
三蔵流支授浄教さんぞうるしじゅじょうきょう 菩提流支(インドの仏教学僧)から浄土教の経典を授けられ
焚焼仙経帰楽邦ぼんじょうせんぎょうきらくほう 仙人の経を焼き捨て(焚焼)、阿弥陀仏の浄土の教えに帰入された
天親菩薩論註解てんじんぼさつろんちゅうげ 天親菩薩の「浄土論」を註解(ちゅうげ)して解説書『往生論註』を書かれて
報土因果顕誓願ほうどいんがけんせいがん お浄土に生まれる因(いん)も果(か)も如来の誓願によると示された
往還回向由他力おうげんえこうゆたりき お浄土に往生するのも、迷いの世界で人々を救うのも他力による
正定之因唯信心しょうじょうしいんゆいしんじん お浄土に往生し、仏となるべき身に定まるのは信心ひとつである
惑染凡夫信心発わくぜんぼんぶしんじんぽつ まどいで汚染(おせん)された人々(凡夫)は、本願を信じさえすれば
証知生死即涅槃しょうちしょうじそくねはん 生死の迷いのままが涅槃(覚り:さとり)であるという、仏果をうる身になり
必至無量光明土ひっしむりょうこうみょうど かならず、はかりない光明のお浄土に往生して仏(ぶつ)となり
諸有衆生皆普化しょうしゅじょうかいふけ 迷える人々を、みんなすみずみまで救うといわれた
道綽決聖道難証どうしゃくけつしょうどうなんしょう 道綽禅師は聖者の自力修行の教えでは証(さと)りがたいと決められて
唯明浄土可通入ゆいみょうじょうどかつうにゅう ただ往生浄土の教えこそが仏さまの覚りを得る道であると明らかにされた
万善自力貶勤修まんぜんじりきへんごんしゅう そして多くの善根(万善:まんぜん)を積む自力の修行をしりぞけられて
円満徳号勧専称えんまんとくごうかんせんしょう 功徳を円満にもっている名号(円満功徳)を称えることを勧められた
三不三信誨慇懃さんぷさんしんけおんごん 「三不信と三信」の教え(誨:おしえ)を、ねんごろに示し(慇懃:おんごん)
像末法滅同悲引ぞうまつほうめつどうひいん 正法・像法・末法・法滅のどの時代でも平等に救う法を明らかにされ
一生造悪値弘誓いっしょうぞうあくちぐぜい 一生涯、悪をつくりつづけても本願(弘誓:ぐぜい)を信じれば
至安養界証妙果しあんにょうかいしょうみょうか 阿弥陀如来のお浄土(安養界)に往生して、仏の覚りを開くといわれた
善導独明仏正意ぜんどうどくみょうぶつしょうい 善導大師は、ただひとり誤りを正し、仏の正意を明らかにされた
矜哀定散与逆悪こうあいじょうさんよぎゃくあく 自力の善行の人も、極悪の人も共にこれをあわれみ(矜哀:こうあい)
光明名号顕因縁こうみょうみょうごうけんいんねん 如来の光明と名号が救いの手だてであることを明らかにされた
開入本願大智海かいにゅうほんがんだいちかい 広大な阿弥陀如来の本願の智慧の海に入らせてもらうと
行者正受金剛心ぎょうじゃしょうじゅこんごうしん 行者は正しく金剛(こんごう)のごとく堅固(けんご)な信心を得て
慶喜一念相応後きょうきいちねんそうおうご お念仏をよろこぶ心(慶喜一念=信)がおこったとき

与韋提等獲三忍よいだいとうぎゃくさんにん
韋提希夫人(いだいけぶじん)と等しく三忍(さんにん)の徳を得て

即証法性之常楽そくしょうほっしょうしじょうらく
浄土に生まれ、法性の常楽のさとり(法性之常楽)をひらくと述べられた
源信広開一代教げんしんこうかいいちだいきょう 源信(げんしん)和尚は、ひろく釈尊一代の教え(一代教)を学ばれて
偏帰安養勧一切へんきあんにょうかんいっさい ひとえに阿弥陀如来のお浄土を願い、一切の人々に勧められた
専雑執心判浅深せんぞうしゅうしんはんせんじん 専修念仏の信心は深く、雑業雑修の信心は浅いとわけ
報化二土正弁立ほうけにどしょうべんりゅう おもむく浄土は真実の報土と、そうでない化土(けど)があるとされた
極重悪人唯称仏ごくじゅうあくにんゆいしょうぶつ 極重(ごくじゅう)の悪人は、ただただ念仏をしなさい
我亦在彼摂取中がやくざいひぜっしゅちゅう 私(源信和尚)もまた、阿弥陀如来の光明に摂(おさ)め取られているが
煩悩障眼雖不見ぼんのうしょうげんすいふけん 煩悩に眼(まなこ)がさえぎられて、その光明をみることができない
大悲無倦常照我だいひむけんじょうしょうが しかし如来の大悲は常に私を照らして下さっていると述べられた
本師源空明仏教ほんじげんくうみょうぶつきょう 本宗(真宗)の祖師である源空(げんくう)上人は仏教をきわめつくして
憐愍善悪凡夫人れんみんぜんまくぼんぷじん すべての人(善悪の凡夫)をあわれみて(憐愍:れんみん)
真宗教証興片州しんしゅうきょうしょうこうへんしゅう 真実の宗教たる真宗を、日本の国におこし(興片州:こうへんしゅう)
選択本願弘悪世せんじゃくほんがんぐあくせ 選択本願(第十八願)を、悪世のこの世にひろめられた
還来生死輪転家げんらいしょうじりんでんげ 生死輪転(しょうじりんてん)の迷いの世界からぬけられず、とどまっているのは
決以疑情為所止けっちぎじょういしょし 本願の教えをうたがい(疑情:ぎじょう)、信受(しんじゅ)しないからであり
速入寂静無為楽そくにゅうじゃくじょうむいらく すみやかにさとりの世界(寂静無為の楽=都)に入るには
必以信心為能入ひっちしんじんいのうにゅう ただ信心(しんじん)ひとつによると述べられた
弘経大士宗師等ぐきょうだいじしゅうしとう 『無量寿経』の教えをひろめて下さった真宗の祖師がたは
拯済無辺極濁悪じょうさいむへんごくじょくあく すべての極濁(ごくじょく)の悪人を、かずかぎりなくお救い下さる
道俗時衆共同心どうぞくじしゅうぐどうしん 出家者(道:どう)も在家者(俗:ぞく)も、一切の人々は共に同心に
唯可信斯高僧説ゆいかしんしこうそうせつ ただよくこの高僧がたの説かれたことを信じなさい
(法蔵館:正信偈もの知り帳参考)

 一つ前へ戻る             ▲TOPへ