自然・科学・音楽・運動・昔遊び・食育・プレゼンテーション・英会話・デジタル活用など、バランス良く、さまざまな領域の保育を楽しむ未来創造カリキュラムで、子どもたちの視野が広がり、好奇心探求心が大きく育っています。3年間で、県内外の視察者が100組を超え、発表の機会も50回を超えました。いろんな立場の方々に検証していただくことにより、過疎地の小さな保育園での研究が、大きく進化&深化していることを、日々、実感しています。
「 ハイブリッド保育 ~9割のアナログ保育と1割のデジタル保育 ~ 」は、伝統的な保育を大切にしながら、先進性や創造性を意識した未来を見据えた保育であり、イノベーションにチャレンジしている実践研究です!
 入園を検討中の保護者の方、研究に興味関心のある方、勤務・実習・見学を希望される方、お気軽にお問い合わせください。パンフレットの問い合わせも増えています。連絡をいただければ、直接、お渡しするか郵送いたします。 

9割のアナログ保育と1割のデジタル保育 保育の様子をYoutubeにアップしました。さらに左側のYouTube&リンクにも、その他の掲載があります。
保育内容はサイドメニューの月報コーナーで詳しく紹介しています。写真等を悪用することがないようにお願い致します。   

新着情報

9割のアナログ保育と1割のデジタル保育

過疎地からの未来創造イノベーションの研究を続け、文部科学大臣賞を受賞!
アナログ保育とデジタル保育は、相乗効果で質が向上していくことを実証していきます!!

       デジタル保育の紹介
 
1台のiPadで、1週間に1回、わずか15分の実践で大きな成果をあげています!

       アナログ保育の紹介   
幼児教育の基本は、アナログ保育! どこよりも、誰よりも、泥にまみれ、汗にまみれ、人にまみれる保育を計画的継続的に実施します!


受賞歴
学情研 学習デジタル教材コンクール
文部科学大臣賞2014
 

優良賞
2015  
佳作2016 新聞❶ 新聞❷
2014.7.29、授賞式で、「保育園は厚生労働省の管轄であるが、研究内容が文部科学大臣賞にふさわしいと審査委員一同が認めた。前代未聞の快挙だ!」と講評され、目頭を押さえました。 
ICT夢コンテスト 審査委員長特別賞2013 新聞1
奨励賞
2016
 幼保施設では全国初の特別賞受賞から3年ぶりの入賞! 
九州未来アワード・ファイナリスト2016
ソニー幼児教育支援プログラム
 2年連続奨励園
日本保育協会課題研究
研究奨励賞2013実践奨励賞2015
自作視聴覚教材コンクール
 良賞児童作品 努力賞一般作品
朝日みらい教育賞
記事クリック ベスト16 慶応・東大と並んで記載

     実践発表の機会に感謝!
・鹿児島国際大学での授業を通して
・日本保育学会全国大会(福岡
・中村学園大学
・全国保育協議会全国大会(沖縄)
・ICT夢コンテスト(東京
オリンピックセンター
・ピッケワークショップ(佐賀市立図書館)
・韓国幼児研究会(韓国・釜山市)
IT教育カンファレンス2015(東京大学)
九州保育研究会(福岡
・九州女子短大
・公立小学校の職員研修(種子島)

・市内小中学校教頭研修会
・島根県飯南町での保育セミナー
・九州ICT支援員協議会(熊本市)
・市内中学校で教育講演会 約1000名参加
・厚生労働省給食担当者研修会(宮崎市)
・ICT教育カンファレンス2016(東京大学)
・鹿児島県教育の情報化フォーラム(県民ホール)
・子育て未来座 (東京・リクルート社)
・鹿児島市内の幼稚園で保育セミナー
・保育実践を語る会 (大阪大学人間科学部)
                         2016年3月時点での主な発表
「アナログとデジタルのバランスがいい!」「目から鱗の実践だ!」「これまでの保育を見直す良い機会になった!」「こんな過疎地で、こんな保育ができるとは!」「異彩を放っている!」「イノベーションを楽しんでいる!」などの声をいただき、全職員の励みになっています。