本文へスキップ

公益社団法人 南さつま市シルバー人材センターは高年齢者の方の生きがいづくりと就業機会の提供を行う団体です。

                         公益社団法人 南さつま市シルバー人材センター

TEL. 0993-52-2119

〒897-0002 鹿児島県南さつま市加世田武田17835番地1

シルバー人材センターとはセンターとは

シルバー人材センター事業の設立経緯

国民の長寿化社会は、援助介護が必要な高年齢者と、健康で働く意欲の十分ある高年齢者が確実に増加しています。昭和50年に江戸川区に最初の「高齢者事業団」が設立。昭和54年に国において、「第4次雇用対策基本計画」が、に閣議決定され、常用雇用的な就業ではなく、高年齢者が多様な形態で就業の機会を確保されるよう努力するという内容。昭和55年度から団体名称を「シルバー人材センター」と統一し、補助事業名を「高年齢者労働能力活用事業」として本格的な事業展開が始まる。 昭和61年に「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」が施行され、国及び自治体の責務が規定されました。内容は、定年退職者及びその他の高年齢者の就業機会の確保のために必要な措置を講ずるよう努めることとされ「シルバー人材センター」も位置づけられた。


理事長あいさつ

CEO

 かねてから南さつま市シルバー人材センターの事業運営につきまして、役員・会員の皆様のご尽力をはじめ、南さつま市・各企業や市民の皆様からのご支援・ご協力をいただいておりますことに厚く感謝申し上げます。
 シルバー人材センターは皆様ご承知の通り、「自主・自立・共働・共助」を基本理念として、働くことを通して高齢者の社会参加と生きがいを増進し、地域の活性化に貢献する重要な役割を担っております。
 団塊の世代の方々が仕事を離れ、多くの高齢者が生涯現役を望まれる一方で、少子高齢化が進むなかでの地元企業の労働力不足という問題もあります。こうした地域の方々のニーズをつなぎ、地域企業の労働力不足解消のお手伝いすることが当センターの役割と考えます。
 現在、地域社会からの期待に応えるため派遣事業に取り組んでいるところです。「高齢者等の雇用の安定等に関する法律の改正」など法の改正があり、派遣を希望される企業からの要望に添えるようになりました。おかげをもちまして派遣事業は伸びており企業からも、就業している会員からも喜ばれています。
 今後も新規会員の募集を図るとともに、皆様と力を合わせながら、働き手・地域社会の双方にとって一層魅力あるシルバー人材センターを運営していけるよう、誠心誠意、職務を全うしていく所存であります。どうぞお力添えを賜りますようお願い申し上げます。
 現在、新型コロナ感染症拡大によって様々に生活や活動が制約されておりますが、共に力を合わせれば、必ず平穏な日々を取り戻せると信じております。一緒に困難な時を乗り越えてまいりましょう。

令和2年5月吉日 公益社団法人 南さつま市シルバー人材センター
理事長 久保薗 秀コ

シルバー人材センターの基本理念

      センターは、『自主・自立・共働・共助』を基本理念として運営

就業にあたっては、誰からの指図も受けず、自主的に考え、会員それぞれが責任をもって、一緒に働き、お互いに助け合い、仕事を遂行する。

公益社団法人南さつま市シルバー人材センターの組織     

シルバー人材センター法人概要

名称 公益社団法人 南さつま市シルバー人材センター
〒897-0002 鹿児島県南さつま市加世田武田17835番地1
※アクセスはこちらから 
 アクセス - 公益社団法人 南さつま市シルバー人材センター
電話番号 0993-52-2119
FAX番号 0993-52-0356
営業時間 平日(8時15分〜17時00分) 休日:土日祝日、年末年始
代表者 理事長 久保薗 秀徳
設立年月日 平成24年4月月1日 設立
平成24年3月18日 認可
会員数 232人(男性:163人 女性:69人)
(令和2年3月31日現在)

法人沿革

平成3年4月
加世田市シルバー人材センター設立、事業を開始。社団法人設立。
平成17年11月
市町合併に伴い、加世田市シルバー人材センターの事業を引き継ぎ、金峰町・大浦町シルバー人材センター(任意団体)と統合。     
平成18年4月1日
社団法人南さつま市シルバー人材センターとしてスタート。
平成24年4月1日
公益社団法人南さつま市シルバー人材センターとしてスタート。
このページの先頭へ

バナースペース

公益社団法人 南さつま市シルバー人材センター

〒897-0002
鹿児島県南さつま市加世田武田17835番地1

TEL 0993-52-2119
FAX 0993-52-0356