特認通学制度とは特認児童募集ポスター

 ・規模の大きい小学校から規模の小さい小学校への通学を特別に認める制度です。
・規模の小さい学校の良さやその地域の文化・自然等の特性を生かした教育が行われている学校環境の中で教育を受けさせたいと希望する児童生徒の保護者の希望によって転校を認める制度です。
・教育委員会・学校・保護者間で十分な話し合いをした上で決めます。
 ・保護者が学校の教育方針を理解し、学校の教育活動やPTA活動への協力ができる方に限ります
・4月から3月まで、1年間を通して通学する児童生徒に限ります。2年目以降も希望により1年毎の更新で通学が可能です。(原則として、途中からの転入や転出はできません。)

・現在通学している学校、転校したい学校、教育委員会学校教育課に問い合わせてください。
・現在通学している学校、転校したい学校、教育委員会学校教育課のどこでも受け付けます。その時、一次面談をします。受付・一次面談後に希望する学校の参観や体験入学を実施し、その後に2次面談を行います。
・入学・転学の希望が固まった時点で、入学及び転学の申込書を教育委員会学校教育課に提出してください。その時に、3次面談をします。
・手続きを11月〜3月上旬までの間に終える必要がありますので、早めにご相談ください。

                                                                            西之表市のホームページより抜粋

2013.12bU09号市報より