障がい者総合支援事業

障がい者への福祉サービスは、地域社会における共生の実現に向けての理念のもと「障害者総合支援法」に規定されており、この法によって障がい者の日常生活及び社会生活の総合的な支援を図っています。 肝付町社会福祉協議会では、障がい者総合支援事業における自立支援給付として「居宅介護」「重度訪問介護」「同行援護」のサービスを提供しています。

居宅介護

居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言、その他の生活全般にわたる援助を行います。

重度訪問介護

重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする方に、居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助並びに外出時における移動中の介護を総合的に行います。

同行援護

視覚障がいにより、移動に著しい困難を有する障がい者等に同行し、移動に必要な情報を提供し、移動の援護、排せつ及び食事等の介護その他の必要な援助を適切かつ効果的に行います。