在宅介護支援センター

在宅介護者の精神的負担の軽減と各種福祉サーピスを有効に利用できるよう総合的に支援することを目的に、在宅介護支接センター事業を受託実施します。

体 制 専門職を配置し、 24時間連絡体制で要援護高齢者等並びにその家族等の総合的支援を行います。
事 業 1.実態把握(要介護状態にある者若しくは要介護状態となる恐れのある者)
2.介護に関する総合相談
3.在宅福祉向上のための広報啓発
4.介護機器の展示及び使用方法の指導
5.介護予防に関する事業への取り組み
6.介護に関する研修等の実施
7.必要な各種サービス利用のための保健・福祉・医療など関係機関との連絡調整
8.介護負担軽減のための福祉・医療分野との連絡調整
9.介護保険制度の円滑な運営のために必要な協力
10.地域包括支援センター及びサブセンターとの連携
11.その他、在宅福祉向上のために必要な事業
(緊急連絡カード、福祉世帯表 他)