心配ごと相談事業

ア.住民の日常生活上のあらゆる相談に応じ、関係機関への紹介や公私の福祉サービス等の情報を提供し、適切な助言・支援を行い、住民の福祉向上を図るとともに、寄せられる相談・情報を福祉ニーズと捉え、各関係サービスに反映させることを目的として実施します。

内 容 一般相談 主に日常生活上の一般的な相談 毎月2回開設
特別相談 主に財産、相続問題など複雑な相談 年6回実施
専門相談 障がい・福祉・医療など専門相談
困難ケース等
年2回実施
※受付及び電話で対応可能な相談は常時行います。
相談員 行政相談員
保護司
司法委員
社会福祉士等相談関連資格者等
人権擁護員
調停委員
一定の経験を有する民生・児童委員

イ. 福祉サービス利用者の利益保護と関係サービスの質の向上を目的に,相談・苦情解決制度に定められた責任者及び担当者を配置し,福祉サービス利用者からの相談・苦情の解決に努めます。

苦情責任者及び担当者の配置
責任者 事務局長  津代幸一郎
担当者 高山事業所 小串あけみ
担当者 内之浦事業所 小串あけみ
第三者委員会の設置
中立公正な外部人材による調停委員会

ウ. 心配ごと相談事業の円滑な運営を図るため、心配ごと相談所運営委員会を開催します。

エ.県社協、各種相談員研修会に積極的に参加し、資質の向上に努める。