徳之島町立亀徳小学校

令和2年度 学校経営の概要


【学校経営方針】「合い言葉は『学べ!亀徳!!〈考え方を・結果を・成長を〉』」

1 新学習指導要領の趣旨を踏まえ,諸調査結果等による児童の実態に即しながら,学びに向かう力,確かな学力を身に付け,国際社会を生き抜く日  本人としての「生きる力」を育くむ教育活動の実施,評価,改善,充実に努める。

2 子ども一人一人の人権を尊重しながら,子ども自身が生命を尊重し思いやる心,善悪の判断力,規範意識などの道徳性,仲間と共に 協力・協調し充  実した生活を送る豊かな人間性や社会性を育てる教育を推進する

 伝統や文化を生かし,地域の実態を踏まえながら「亀徳学校応援団」等の地域の力を活用するとともに,保護者 ,関係団体との連携を図りなが   ら,「地域に開かれた教育課程」を編成し,地域のよさを体得できる教育活動を推進する。

4 効果的・効率的に業務を改善しながら,資質向上のために学び続ける自己研鑽の意欲と職員間の同僚意識,信頼関係の高まりにより,学力向上等   の教育課題解決のための教育実践を推進する。

【学校教育目標】 

  進んで学び合い,思いやりをもって協力する,心身共に粘り強い子ども(秋津っ子)を育てる。

【校訓】〈秋津魂〉進取 協力 不屈

   かしこく(知) やさしく(徳) たくましく(体)

【めざす子どもの姿:「秋津魂」】

かしこい秋津っ子・・・自ら考え,共に学ぶ子ども

やさしい秋津っ子・・・思いやりのある情操豊かな子ども

たくましい秋津っ子・・進んで最後まで共にやりぬく子ども

※ 「秋津しぐさ」を身につけた子ども

 ・ ふんわり言葉:相手の気持ちを考えた言葉づかい

 ・ 先手あいさつ:立ち止まり,相手を見て

 ・ 出船スリッパ:整理整頓

【めざす学校像】 

・ 安全で笑顔溢れる学校

・ あいさつが行き交う礼を正す学校

・ チームのよさを活かし,個が輝く学校

【めざす教師像】

・ 子どもに寄り添い,良さを見つけ,認め励ます教師(教育愛)

・ より高みを目指し,常に学ぼうとする教師(専門的な力量)

・ 責任感をもち,協力して課題解決に取り組む教師(使命感,協調・協働)

・ 服務規律を遵守し,効果的・効率的に業務を改善しながら信頼を築く教師(職責感・服務規律)

・ 地域に親しみ,社会に貢献する教師(豊かな人間性と社会性)