▼訓練校トップ   ▼訓練校ガイド   ▼講師紹介   ▼お問い合わせ

訓 練 科 目 の 紹 介

  ☆ 建築科 ☆

          建築士の資格を取るための基礎を学び、当校から1人でもおおくの資格取得者が誕生する事が
         夢です。 また、建築をとおして社会に貢献できるような人材育成に努めています。

      ● 訓練内要

            @建築士の資格を取るための基礎を5教科に亘り、4人の講義担当の講師が教えます。
            A2年目からは、模擬試験も行い実力をアップします。
            B1人前の現場監督や大工になるための技術も、2人の実技担当の講師が教えます。
        
       

      ● 訓練目標  

          ・木造建築士・2級建築士や建築施工管理士(1,2級)取得を目指す。 
      

      ● 訓練学科の紹介
    
          講義  ・建築構造概論:木造を主に鉄筋コンクリート構造・鉄骨構造・その他構造について
               ・構造力学概論:建築物が安全であるための基礎である力のつりあい等について
               ・木質構造   :在来軸組構法・枠組壁構法・丸太組構法・和風造作について
               ・建築材料   :木材をはじめ各種建築材料の性能・性質について
               ・仕 様 書   :建築工事標準仕様書について
               ・積    算   :積算の基本及び練習

          その他下記内容
              ・建築概論 ・建築生産概論 ・建築計画概論  ・建築設備 ・測量 ・建築製図  
              ・関係法規 ・安全衛生 ・木造建築施工法  ・規く術 ・工作法 


          実技 ・測量基本実習 ・機械操作基本実習 ・安全衛生作業法 ・工作実習 
              ・木造建築施工実習

      ● 特典  
       
          @修了時、建築大工技能士補の称号が与えられます。
          A卒業後、1年間の指導員訓練及び実務経験を積んだ場合、職業訓練指導員試験の受験資格
            が与えられます。 






    

    ☆ 土木施工科 ☆

          土木事業は、人々の生活と社会を支えるインフラストラクチャー(社会資本、社会基盤)の内、建築
         以外の あらゆる施設を整備する極めて多種・多岐にわたる事業です。それゆえに土木技術者に
         求められる技術 は知識・経験共に広範囲に及びます。
          当学科で、土木の一般教養や土木施工管理の実務を学びながら、その技能を身につけると共に、
         土木技術者としての社会的使命や自覚と誇りを養う事を願い、また目標としています。
          その一方、今は何をやるにしても資格が必要な時代です。技術習得の証としても是非、1,2級土木
         施工管理技士資格取得に挑戦してほしいと思います。
    

      ● 訓練内容   

            土木工事の施工に必要な技能・技術
            (測量、設計、施工能力、施工管理能力、積算及び実行、予算作成能力等)

      ● 訓練目標   

           ・1,2級土木施工管理技士資格取得をめざし、積算・実行予算の作成能力を身につける。

      ● 訓練学科の紹介

           講義 ・土木工学概論 ・測量学概論 ・建築生産概論 ・応用力学及び土質工学 ・製図 
               ・安全衛生・土木施工法 ・機械及び電気材料 ・関係法規

           実技 ・測量基本実習 ・安全衛生作業法 ・測量実習 ・土木施工実習


      ● 特典 
     
           @修了時、技能士補の称号が与えられます。
           A卒業後、1年間の指導員訓練及び実務経験を積んだ場合、職業訓練指導員試験の受験資格
             が与えられます。
           B1,2級土木施工管理技士受験のためのサポートが受けられます。