校区の様子

 ○ 本校区は,種子島の北東部,太平洋に面し,平地が少なく,海岸からすぐ小高い丘陵地
  になっています。気候は,温暖な無霜地帯で,農業・畜産・漁業・園芸作物の生産が主な
  産業です。また,沖ヶ浜田地域の黒砂糖作りは,手作りの製法で有名です。
 ○ 校区は,学校を中心に南・西・北各4qほどに広がり,海岸に面する地域3,丘陵地地
  域1,の4地域からなっています。また,柳原は,130年前,甑島からの移住によって開拓
  された集落です。
 ○ 校区の世帯数は年々減少し,208戸(399人)です。また,若い世代は,市街地に居
  住する方が多いですが,地域行事等には,校区外より参加します。市民運動会は,30連覇
  中と固い絆に結ばれています。
 ○ 明治18年に米国船カシミア号遭難者救助を行った9月20日に毎年「紀徳祭」を行い
  先人の美徳を受け継いでいます。