ホームステイの記録【カリフォルニア州】

Uptown(in L.A.)

1990年7月下旬よりロサンゼルス郊外にて1ヵ月間ホームステイした時のステイ先周辺の様子です。

 

偶然にも「BACK TO THE FUTURE」のロケ先City of Industryの
PuenteHillsMallに近い住宅地で映画で観たような街並みが広がっており衝撃的でした。

Downtown(in L.A.)

Little Tokyoにほど近いSkid Rowと呼ばれる地区の様子です。

 

観光バスから外に出るのも躊躇するくらいサファリパーク的な緊張感が漂っていたのを覚えています。壁のアートペイントもどことなく警告を発しているようです。

 Chinese Theater(Hollywood)

ハリウッドのハリウッド大通り沿いにあるチャイニーズ・シアターの足型です。
写真はマリリン モンローの手形・足(ハイヒール)の型になります。

 Los Angeles Air Force Base

ホームステイ先のホストファーザーの勤め先だった空軍基地の様子です。
写真撮影(特に外国人の写真撮影)は禁止なのですが、当時15歳だった僕は小学生くらいの子供に見えたのか戦闘機の写真撮影も戦闘機の搭乗もさせてもらい貴重な経験となりました。

高校留学記録【ワシントン州】

 Bellingham.Washington (1991〜)

高校留学を送る場所となったBellinghamはワシントン州の最北にあり、カナダの国境(バンクーバー)まで車で20分くらいの小さな街です。

 

アメリカのどこに行っても見かける日本人なのですが、幸か不幸か、留学当時は、この地域に日本人は自分以外住んでいなかったようです。
結局、高校留学中に他の日本人を見かけることも、日本語を話す機会も一度もありませんでした。

 Stayed at

高校留学のホームステイ先の家の外観です。住所を検索すると現在でもこの家は壊されずに存在しています。

 Bellingham High School

高校留学を送ることになったBellingham High Schoolです。

 

この高校は、地域の普通の高校生が通う普通の州立高校なので、当時は留学生のサポート等は一切なく、その厳しい環境も手伝って本物のアメリカの高校生活を経験することが出来たと思っています。

 Junk food & Risk Party

高校留学がスタートして約半年後に初めてできた現地の友人です。
週末になるとMountain Dew・7up・Junk foodを大量に買い込んで各家へ集まり、当時流行っていたRiskというテーブルゲームを徹夜でしながら生きた英語を学びました。

 Mt.Baker

南国鹿児島で生まれ育った僕は、初めてこのような大量の雪を見ました。
Mt.Baker山頂付近はマイナス40度近くになり、このくらい気温が低いと瞬きするのも涙が凍ってしまいひと苦労です。しかし、雪が結晶のまま降り落ちるという神秘的な光景を見ることが出来ます。

 Canada(Vancouver)

BellinghamはCanada(Vancouver)近郊に位置しています。
アメリカ人であれば、パスポートなしで自由にアメリカとカナダを行き来可能です、僕はパスポートを持参して、友人と頻繁にドライブに行きました。
フランス語しか通じないお店もあったりして面白い街です。
カナダはアメリカと比べると空気も町並みも格段に綺麗な印象です。

帰国

帰国前日の写真です。
高校留学は人生を大きく左右する大きな出来事でした。

代表講師が高校留学時代に初めてA+を取ったエッセーです

Slightly Intoxicated

 

It was an extraordinary sultry day when I was at the age of five.
I came home from the playground and almost died of thirst.
I was wandering through the kitchen for something to drink.

 

 

First, I tried to drink tap water.However,my height was not high enough to reach the faucet.
I called my mother for help, but she was not at home.

 

I gave up the idea of drinking tap water and decided to look for some other thing to drink.
Finally, I found a bottle full of grape juice in the refrigerator.
My eyes sparkled like a kid who found an oasis in the desert.

 

 

I quickly filled my glass with the grape juice and drank it in one gulp.
After I drank it.I found out its aftertaste was a little bit. sour and dry.
I wondered why I felt hotter after drinking the chilled liquid.
I considered deeply what I should do and hit on a great idea.
I put some sugar and ice into the glass and poured the liquid again.
It turned into a tasty and full-bodied liquid.I took great pleasure in drinking it.

 

 

When I was going to drink another glass of the liquid, gradually something began to take hold of me.
I noticed that I was laughing unconsciously, and I was unsteady on my legs.
After I drank three glasses of the strange liquid, I fell into a deep sleep.

 

 

After a while, my mother came back and found a half bottle of wine and her little drunken kid.
She was astounded at the sight of the unbelievable scene.
She hastened to give me a lot of tap water to decrease the concentration of alcohol.
I was finally given tap water by my mother.
I preferred to drink the magic liquid rather than to drink tap water.
If I had drunk another glass of the magic violet liquid ,I would have had a hangover.
However, I woke up feeling more pleasant than usual the next day.

 

 

After this event, I learned that there was a magic liquid in the world.
However, strangely enough, I never saw the magic liquid again in my house.

 

(written by Nariaki T)