校区の名所・史跡

発電所遺構

  曽木の滝

「曽木の滝」の近く(下流部にある)にある旧曽木第二発電所遺構(明治42年完成)である。鶴田ダムの建設により水没したが,渇水期に姿を現すことで有名

校区の西側にあり川内川の水が流れ落ちる滝幅210mもある大滝で,東洋のナイアガラと呼ばれている。

白木神社

県の文化財に指定されている。
応永15年(1408年)された建立された
太秦一族の繁栄を願って作られた観音堂であったが,明治時代の廃仏毀釈の難を逃れるため白木神社と呼ぶようになったという話しが伝わっている。