医療的ケア児のための「児童発達支援」「放課後等ディサービス」事業所
生活支援センターえがお

生活支援センターえがお

最新ニュース・お知らせ

2021/2/20
  • 本年度の評価表をアップしました
  • NEW
    2021/1/5
    明けましておめでとうございます。今日からえがおもスタートました♪本年もどうぞよろしくお願いいたします。
    2019/10/1
    谷山中央8丁目(谷山中学校グラウンド近く)に移転いたしました。
    2019/09/11
    10月1日より谷山中央8丁目に移転いたします。お楽しみに♪
    2019/04/13
    皆様のご協力で、えがおの棟上げを無事執り行いました。子ども達やご家族の皆さんご近所さんと、たくさんのご参加ありがとうございました。おかげさまで大盛り上がりでした♡
    2019/04/09
    平成最後のご入学・ご進級おめでとうございます。今年度もスタッフ一同よろしくお願いします。
    2019/02/20
    今年度の評価アンケート結果をアップしました。「障害児フォーラムかごしま」のGUIDELINEのページにてご確認いただけます。
    2019/01/15
    平成31年1月14日(祝)グランラセーレにて新年会を開催しました。多数のご参加いただきありがとうございました。スタッフ一同
    2019/1/1
    新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 スタッフ一同
    2018/12/1
    12月29日(土)~1月4日(金)は年末年始の為お休みとさせて頂きます。
    2018/09/22
    9月19日(水)7:45~NHKの「おはよう日本 九州・沖縄」と 9月21日(金)18:00~NHKの「情報WAVEかごしま」で紹介されました。
    2018/6/20
    2018年「第6回夏祭り(七夕祭り)」決定!! 7月21日(土)星ヶ峯 ふれあい館にて 10:00~ 今年もお楽しみに♪
    2018/4/2
    ご入学、ご進級おめでとうございます。新年度のスタートですね。えがおも新体制でスタッフ一同頑張ります♪
    2018/1/1
    新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 スタッフ一同
    2017/12/1
    12月29日(金)~1月4日(木)は年末年始の為お休みとさせて頂きます。
    2017/08/10
    8月14日(月)・15日(火)はお盆休みとさせて頂きます。
    2017/07/28
    スタッフblog「ときどきegao日記」を開設しました。えがおの日常をスタッフ目線でつぶやいていきます。 「スタッフ」ページにリンクしていますので、よろしければ、のぞいて見てください♡
    2017/07/17
    7月15日の「えがお夏祭り」にたくさんのご参加ありがとうございました♪
    2017/07/06
    6月24日の全国版新聞「朝日新聞」夕刊の1面にえがおの紹介が掲載されました。
    2017/07/06
    「第5回えがお夏祭り」開催決定♪7月15日(土)星ヶ峯 ふれあい館にて10:00~ お楽しみいっぱい♪
    2017/07/06
    7月8日(土)は、職員研修となっています。ご利用者の皆様、ご協力ありがとうございます。
    2017/07/06
    ホームページ新装開店!!

    ようこそ!えがおへ

    ごあいさつ

    医療的ケアの子ども達を中心に、放課後等ディサービス・児童発達支援を専門の知識と資格を持ったスタッフが対応している事業所です。

    理事長のあいさつ

    なぜ、重症心身障がい児のみで医療的ケアの必要な子どもの為の事業所が必要だったのか。
    私の娘がそうであった為です。 「私がもしもの時、この子はどうなるんだろうか」親なら一度は考えた不安。病気も出来ない、病気になっても子どもの介護は止められない。だって、命が掛かってくるから。 子どもは本当にかわいい。だけど、兄弟・姉妹は我慢の連続。
    私は、娘の入院生活が長く沢山の方と出会いました。 悩みは同じ。この先も続いていく生活の中で、どうすれば子どもが幸せで、家族も楽しく暮らせるのでしょうか。 人に任せるなんで親として失格だとか、辛いと思う事がいけない事だとか、全てのお母さんは毎日、一生懸命頑張っています。 たまには息抜きもしないと疲れ切ってしまいます。でも休めない家事と育児。そして、医療的ケアがある重症心身障がい児は看護婦さんがいないと預かって頂けないという現実問題。
    「だったら、自分たちで作ろうよ!」と声を上げたのが始まりでした。 親の希望や声を聴き、スタッフの意見も取り入れ「あれがあったらいいな。」と誰かが言うと「それもやろうよ!」と現在に到ります。
    障がいがあってもたくさんの支援があります。利用できるサービスは全部取り入れて、子どもの事を理解してくれる人を増やしましょう。それは、悪いことではありません。 子どもも、子どもの世界があるはず。時には手を離してあげないと。障がいがあるから何もできない、と子どもだって言われたくないはずだから。
    「生活支援センターえがお」も支援のひとつと思って頂けたら嬉しいです。

    ページの上部へ